京都市認可/小規模保育事業/中島久子保育室

当保育室について

・京都市独自の家庭的昼間里親制度の「昼間里親」認定を昭和61年4月に受け、南区吉祥院高畑町で保育室を開設。
・平成7年4月に現在の新田下ノ向町に移転、平成27年4月に国の認可事業「小規模保育事業所」へと移行する。
・平成19年1月に開設20周年記念事業を京都駅前「ぱるる」にて開催
・平成29年1月に30周年記念「てんとうむしコンサート」を梅小路公園緑の館で開催
・平成29年4月に運営主体を中島個人から「一般社団法人 てんとうむしグループ」に変更する。
詳しくはこちら

当保育室の様子

お知らせ

  • ●平成30年11月移転予定。
    (南区吉祥院西ノ茶屋町32)
    ・現在の場所から東へ30m。
    ・電話&FAXの変更はありません。

    ●平成31年4月より
    「てんとうむし保育園」に名称変更予定。
    施設も新築し、よりより保育環境が整います。

    ●平成29年4月1日より運営主体を中島久子個人から「一般社団法人 てんとうむしグループ」に変更しました。これにより、個人では限りがある状態から、継続していくことが可能となりました。
     保育内容等は勿論これまでどおり、兄弟姉妹の様に育ちあい、一人ひとりに目が行き届く家庭的保育の良さを変わることなく続け、保護者の皆様からも「実家のような存在」と言われる保育室として精進を積み重ねて行きたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

<小規模保育事業所とは>

平成28年4月より国の家庭的少人数の保育制度として発足。

 京都市昼間制度65周年を迎えた時点で48施設の「昼間里親保育室」をすべて小規模保育事業所として京都市があらためて認可し、それ以降も待機児童の要望に合わせて認可をしている。
詳しくはこちら